ブロムシュテットの新世界から

 昨日、N響のA2チクルスに行った。C1の会員だが、「新世界から」が聴きたくて、聴きたくて・・・

 この数年、第三楽章で2回登場する、哀愁を帯びたオーボエ木管のメロディが耳にこびりついている。

http://www.youtube.com/watch?v=Cp0-FVuLtOk の1:35-2:10と6:04-6:40。

 ピンチヒッター、竹澤恭子シベリウスのヴァイオリン協奏曲もとても良かった。

 ブロムシュテットさん、84歳なのに還暦前の若々しさ。

Zusaar

http://www.zusaar.com/

 PayPalでの参加費徴収、非公開イベント、参加者への一斉メールが可能。

 老舗のリクルートも、追随するか?

http://atnd.org/

川口淳一郎さん はやぶさ 講演

 昼から自転車で5分の東大安田講堂へ。 第114回 公開講座の第一回。

http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/d04_01_01_j.html

 何度か、お目にかかったことがある廣瀬通孝先生がトップバッターで3人目が川口淳一郎先生(東大工学部教授兼務)。2時間くらいで話す内容を、駆け足で50分で説明していただいた。とても良い話だった。

 はやぶさ関係者は、以下の通り、皆さん大忙し。國中均さんやNEC小笠原雅弘さんのイオンエンジンの講演も聞いてみたい。

http://fanspace.web.fc2.com/schedule.html

 映画も3社が競作。

http://www.asahi.com/showbiz/movie/TKY201107120311.html

 先ずは20世紀FOX

http://movies.foxjapan.com/hayabusa/

ThinkPad SL510 36,830円

 妻のThinkPad R60eの動作が遅くなり、ブラウザの起動やWebページ表示もよっくり、もったり。80GBのハードディスクを掃除したが、なぜかスピードが改善されないので、新規に購入した。

 R60eは以下の通り、2006年10月に購入。Celeron M410(1.46GHz)、メモリ512MB、15"XGA、HD 80GB、Windows XP、Office2003も入って99,800円!

http://bizpal.jp/eijyo/00771

 Office2003は、2年ほど前にOffice2007のパッケージを購入し、バージョンアップ。

 今回のSL510は、Celeron Dual-Core T3500 2.1GHz(1MB)、メモリ2G、15.6"(1366x768)、HD 320GB、Windows 7 Professional 32bit。これで、36,830円は極端に安い。Lenovoのオンラインショップでは売り切れてしまったので、OTTO http://www.ottonet.co.jp/から購入。

 画面が大きいので、Huluの映画が見やすくなった。

中国から見えないサイト

 今、北京のホテルなので、見えないサイトをチェック。

 Facebook

 Twitter

 YouTube

 ニコニコ動画

 Yahoo!ブログ ブログ以外はOK これは意外。

 FC2    Hなサイトも多いので、これは納得。

 blogger

 Google.com sites.google、groups.googleはダメ http://code.google.comはOK

 中国の人に聞いたら、迂回サイト(中国以外のIPに変更)があり、そこ経由でFacebookTwitterを見ている人も多いとのこと。迂回サイトは、百度では検索できないが、口コミでURLが伝わっているとのこと。

※ブログでは、日本の以下は見える。

 http://blog.goo.ne.jp/

 http://blog.seesaa.jp/

 http://blog.so-net.ne.jp/

 http://www.cocolog-nifty.com/

 http://blog.livedoor.com/

 http://d.hatena.ne.jp/

 http://blog.ocn.ne.jp/

 http://ja.wordpress.org/

 http://www.sixapart.jp/

Google Motoloraを買収

 昨晩から、このニュースがIT業界を飛び回っている。今朝の日経は、「特許戦争に勝つための特許獲得」が主目的と報じたが、「iPadに勝つためのデバイス取得」が見え隠れする。サムソンその関係を危ぶむ声も出ている。

 今年3月「iPad 1億台」http://www.sogotosho.daimokuroku.com/?index=shimokawa&date=20110311 というコラムで、以下のように書いた。

 他社はジョブ管理、タスク管理というデバイス側の発想でOS(基本ソフト)をボトムアップで作っているが、アップルは「なめらかなユーザインタフェースがすべて」。使い心地の良さを実現すべく、トップダウンで、OS、ハードウェア、CPUをデザインしている。これは、すべてを自社でデザインしている会社だから言えることで、OSをグーグルやマイクロソフトから供給してもらい、CPUにインテルNVIDIAクアルコムを使っても、タブレット製品全体のバランスが崩れてしまい、結局コスト高になる。

 アップルは、iPhoneiPadの部品を共通化し、100万単位で発注するので、製造コストでも圧倒的に有利。なので、「2011年はiPad2の年」になることが明白だし、「CPUの動作速度やメモリ容量を競っても意味がない」。HPが自前のWebOSを使ってタブレットを出すことにしたのも同じ理由だと思う。

 次にGoogleが狙うのは、NVIDIAか、クアルコムか???

ITメディア: イーストに聞いてみた

 1か月ほど前、ITメディアのインタビューを3人で受けた。2時間ほどだったが、それが、以下の2本の立派なレポートとして公開された。

電子書籍フォーマット「EPUB 3」ってぶっちゃけどうよ?

http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1108/10/news005.html

電子書籍フォーマット「EPUB 3」で漫画は変わるの?

http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1108/12/news007.html

 とても良くまとまっており、各ページの最後にTwitterからの最新100コメントが表示され、読者の反応がわかって、面白い。

 3人がスター風に取り上げられている。EPUB3推進者ではあるが、EPUB3仕様を策定したのは、村田真さん、石井宏治さん、Fantasaiさん、村上真雄さん、小林龍生さんなど。

http://www.epubcafe.jp/egls/log

 こちらも、機会があれば、1冊の書籍にまとめたいと思っている。